ソルフェージュ・楽典 クラス
  
壬生校右京鳴滝校にてレッスン可能です♪

ソルフェージュの専門的なレッスンのためのクラスです。

効果的なカリキュラムによるグループレッスンも取り入れ
ながら、基本的には個人レッスンでじっくりと進めて
いきます。すでに楽器を勉強されている方や音感や楽典
などの音楽の基礎能力を身につけたい方、音楽学校の
受験を考えている方などにお勧めします。

音楽が心の成長に果たす役割は計り知れず、音楽の
可能性は無限大です。
 

たけいち音楽教室では将来、音楽専門家を目指す方はモチロン、音楽を愛する全ての
方々を対象に、音楽の基礎であるソルフェージュ・楽典をしっかりと学ぶことが
できるクラスです。

豊かな情操・創造性・表現力・社会性を育み、更なる音楽の発展を目指します。






    ソルフェージュとは・・・?
 

ソルフェージュでは、音楽の基礎全般について学びます。ソルフェージュの扱う学習内容は
大変広いものになりますが、主な内容としては、視唱、聴音、リズム、楽典、初見視奏などの
科目で構成されます。

日本では、ソルフェージュはピアノを学ぶ上での初歩の学習として位置づけられ、教室に
よっては簡単に扱われたり、省略されたりすることもあります。 一方、欧米では音楽を勉強
する上で昔から重視され、ピアノの学習と平行して継続して行われます。音楽を深く理解
して表現豊かな演奏をするためには、どのようなレベルの人にとってもソルフェージュは
大切な勉強です。

ソルフェージュの学習により、次のような効果があります。

楽譜を正確に理解して演奏できるようになる。

音楽的で表現豊かな演奏ができるようになる。

読譜が速くなり、短期間で曲を弾けるようになる。
 

視唱

視唱とは、楽譜を見て音程やリズム等を正しく階名(ドレミ)で
歌えるようになるための勉強です。視唱は音楽を学ぶ上で
一番の基礎ということになります。声楽を学ぶ人だけでなく、
すべての楽器、作曲を学ぶ人にも大切な勉強です。

視唱の勉強を通じて、自分の声と耳で正しい音程やリズム等を
感じることができるようになります。演奏をする上でも、表現力
を身につけるために必要な勉強です。当教室では、視唱の
勉強を初歩の段階から継続して勉強していきます。
 

聴音

聴音とは良い音感を身につけるための勉強です。「演奏」が
楽譜を見て音にするのに対して、「聴音」は音を聴いて
楽譜にするということになり、演奏と聴音はちょうど逆の関係に
なります。
耳だけで拍子、音程、音価などを正確に判断できなければ
五線紙に書きとることはできません。そのため、聴音の勉強を
通じて、実際の音と楽譜との関係を理解できるようになります。


聴音には、大きく分けて旋律聴音と和声聴音があります。旋律聴音はピアノで弾いた旋律を
聴いて五線紙に書き取ります。1つの旋律を聴き分ける聴音を単旋律聴音、同時に演奏
される複数の旋律を聴き分ける聴音を複旋律聴音といいます。和声聴音は、ピアノで
弾いた和音(例えばドミソ、シレソ等)を聴いて、音を当ててもらったり五線紙に書き取って
もらったりします。さまざまな和声の響きを聴き分ける訓練ということになります。

聴音の経験が全くない方でも、訓練を重ねることによって徐々に
音の高低や和音のパターンを正しく聴き分けられるようになって
きます。旋律聴音と和声聴音の両方を学習することで、音楽全体を
聴き分け、音の構造を理解する力が身に付いていきます。
こうした力は、演奏する上でも音を聴く集中力や音をしっかりイメージ
することにもつながり、表現力の上で大きな効果をもたらします。

聴音の力を身につけるためには継続した訓練が必要です。当教室のレッスンでは、聴音の勉強を初歩の段階から継続して勉強していきます。

 

リズム

拍子感とリズム感を身につけるための勉強です。リズム譜を
見て、一定のテンポを保ちながら、手でたたいたり声に出して
読んだりします。拍子とリズムの習熟のために、実際の曲の
中で出てくるリズムパターンだけでは限りがあるため、リズム譜
で多様な拍子やリズムを勉強する必要があります。

楽譜上の音を読むことができても、拍子やリズムがついて
こなければ音楽にはなりません。当教室では、初めはわかり
やすいリズムカード等を使用して基本的な拍子とリズムを覚えてもらい、
少しずつ複雑な拍子やリズムにも対応していけるように指導しています。

 

楽典

楽典とは、音楽の記譜に関する原理や規則の勉強のことです。
楽譜で用いられる音楽を書き表すための諸記号と、基礎的な
音楽理論について勉強します。

音、音名、譜表、音符と休符、リズムと拍子、装飾音、略記法、
様々な記号や標語、音程、音階、和音と和声など、楽譜を理解
するのに必要な知識を学んでいきます。
楽典は 、楽譜を正しく理解して演奏するために必須の勉強になります。

 

伴奏付け

伴奏付けとは、旋律(メロディー)に和声(ハーモニー)をつけて
いく勉強です。メロディーにどのような音が使われているのか、
どのような音が合うのか・・・曲のイメージを膨らませ、実際の音と
楽譜上で確かめていきます。やさしいメロディーに簡単な和音を
つけ、正しい和声であれば美しい音楽になるということを、実践
して知ってもらいます。和声感を発達させ、音楽の構造を理解
するための勉強になります。

初見試奏

初見視奏とは、はじめて見る楽譜をすぐに演奏するための勉強です。事前に楽譜を数分間見てもらい、その後すぐに一度だけで正しく演奏します。自分の持っているソルフェージュの様々な知識とピアノ演奏を直接結びつけるための勉強になります。

はじめての曲の練習に取りかかる際に、ある程度弾けるようになるまでに多くの時間がかかってしまう、といった学習者には特に効果の高い勉強です。

初見の読譜をする時は、拍子やリズム、テンポ、表現記号などの情報からどのような音楽なのかを素早くイメージすることが大切になります。また、読譜や演奏の際の集中力も必要です。初見視奏の力を身につけることで、曲が弾けるようになるまでの時間を短縮できるようになり、その分より音楽的な学習に目を向けることができるようになります。

 

    レッスンクラス ご案内

 壬生校右京鳴滝校にてレッスン可能です♪

幼児基礎クラス

園児の基礎ソルフェージュクラス

45分個人レッスン(月3~4回、年間42回)

入会金 : 3,240 円(税込)   
レッスン料金(月謝): 8,640円(税込)~ 
※ご兄弟・ご家族割引有ります。
  • ※45分個人レッスンを基本クラスとしています。
  • ※上記のクラスは一例です。その他のパターンについてはご相談ください。
  • ※レッスン料金は月謝制を採用しております。
  • ※レッスン料金はレッスン時間、レッスン回数、レベルによって決まります。
  • ※レベルは無料体験レッスンを通じて判定いたします。

 

基礎クラス

小学生~高校生のソルフェージュ基礎クラス

45分個人レッスン(月3~4回、年間42回)


入会金 : 3,240 円(税込)   
レッスン料金(月謝): 10,800円(税込)~ 
※ご兄弟・ご家族割引有ります。
  • ※45分個人レッスンを基本クラスとしています。
  • ※上記のクラスは一例です。その他のパターンに
    ついてはご相談ください。
  • ※レッスン料金は月謝制を採用しております。
  • ※レッスン料金はレッスン時間、レッスン回数、レベルによって決まります。
  • ※レベルは無料体験レッスンを通じて判定いたします。

 

中学生・高校生
受験クラス

中学生・高校生のソルフェージュ受験クラス

 60分個人レッスン(月3~4回、年間42回)


入会金 : 3,240 円(税込)   
レッスン料金(月謝): 18,360円(税込)~ 
※ご兄弟・ご家族割引有ります。
  • ※45分個人レッスンを基本クラスとしています。
  • ※上記のクラスは一例です。その他のパターンについてはご相談ください。
  • ※レッスン料金は月謝制を採用しております。
  • ※レッスン料金はレッスン時間、レッスン回数、レベルによって決まります。
  • ※レベルは無料体験レッスンを通じて判定いたします。

 

大人クラス

 大人のソルフェージュクラス(18歳以上)

 60分個人レッスン(月3~4回、年間42回)

入会金 : 3,240円(税込)   
レッスン料金(月謝):16,200 円(税込)~
※ご兄弟・ご家族割引有ります。

 

  • 60分個人レッスンを基本クラスとしています。
  • ※上記のクラスは一例です。その他のパターンについてはご相談ください。
  • ※レッスン料金は月謝制を採用しております。
  • ※レッスン料金はレッスン時間、レッスン回数、レベルによって決まります。
  • ※レベルは無料体験レッスンを通じて判定いたします。